株式会社情報戦略テクノロジー

何を目指しているのか

日本のIT業界のでは二次・三次請けエンジニアが40代になると
営業に転向していかざる負えなくなる場合が多くあります。

そうした現状も、当社が成長することができれば解決していきます。
なぜなら当社が目指しているのは

「エンジニアが∞に市場価値を高めていける国」

転職せずとも、グループ企業間を渡り歩くことで
一人一人が理想とする職能・働き方・人生を
手に入れることが出来るそんな環境作りを目指しています。

そして『2032年 100社 1500億円』
ITに関連するグループ会社を100社創ろうと考えています。

ただし、目的はエンジニア一人一人が理想とする職能・働き方・人生を
手に入れることができる環境創りであり、それがかなうのであれば
10社でも300社でも構わないというスタンスです。

育てる・学べる環境

当社では『ゼロ次請け』によるビジネスにコミットできる
能力を持つエンジニアを続々育成中です。

また、業務系・ビジネス効果に密接に絡み合うシステム開発案件
も多く手掛けているため、実は、WEBサービス系では増えてきている
ゼロ次請け的な働き方が出来る企業ではナカナカ目指せない
PMなどのマネジメントキャリアも目指せます。

すでに、理想とするキャリア形成が実現可能な環境になっており、

◎より技術に特化していく「スペシャリスト/エキスパートエンジニア」
◎事業や業務に特化していく「ITコンサルタント/アーキテクト」
◎プロジェクト管理に特化していく「PM/PL」
◎組織のマネジメントに特化していく「部長/課長/主任」

マネジメントだけでも、これだけ充実しており
専任で磨いていくことが出来る環境を実現しています。

会社のストーリー

情報戦略テクノロジーは元々同業他社で働いていた高井が
「エンジニアにいい環境を与え育成し成長させる環境創りをしたい」
との想いから2009年に設立した会社です。

もちろん前提としてエンジニアの成長がビジネスにはつながりますが、
多くの企業がスキル・経験をごまかしてでもエンジニアと名のつく人をどんどんプロジェクトに
アサインし、売上を出しているのが現状です。

そして現在、世界の時価総額ランキングで1~10位をアメリカ・中国のIT企業が独占する中
日本はトヨタの43位が最高と、IT後進国となってしまっています。

この現状を生み出している元凶こそが「エンジニアが成長できない環境」なのです。

そんな日本のIT業界を改革するべく、業界の最前線で「エンジニアが成長できる環境」
を創り出しているのが情報戦略テクノロジーなのです。
企業名 株式会社情報戦略テクノロジー
企業URL https://www.is-tech.co.jp/
代表者 高井淳
所在地 〒150-0011
東京都渋谷区渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim 8F
設立年月 2009年1月
資本金 50,000,000円