株式会社キャナル

社員間でのコミュニケーション

【ケンカするほど徹底的に議論し、腹の底から理解し合う風土】
例えば、広告掲載料金で利害が反するクライアント様側の担当者とメディア様側の担当者は、金額を上げる上げないでよくモメます。けれども、人にはそれぞれの考え方があり、意見が異なることは当たり前です。
ならば、ケンカするほど徹底的に議論してほしい。最もよくないのは、波風立てることを恐れて意見を言わず、人間関係に嫌気が差して辞めてしまうこと。議論すれば、腹の底から理解しあえて一層仲良くなることも多いのです。

交流・イベント

2泊3日の社員旅行やBBQ、釣り、富士登山、サッカー観戦など、盛りだくさんの社内イベントがあります。
これらは自由参加で、不参加の人に批判めいた言葉も一切出ません。しかし、こうした機会を通じて、社員たちは本当に仲がよくなっていきます。
また「場所がかわり、お酒が入ったほうが本音が出やすい」という狙いから、代表自ら飲み会をよくセッティングしてくれます。

ビジョン・価値観

〇キャナルとは「運河」
IT技術が切り開いたインターネットという水路に、 新しい価値・新しいビジネスを生み出していくことが私たちの理念です。
一つの形にとどまらない、まさに水のように変容していくインターネットビジネスの
動きをいち早く捉え、新たなソリューションを提供していきます。

〇私たちは「思いやり」を本気で考えます。
相手が何を望んでいるかを的確に判断し、即行動に移します。
相手の立場に立って考えることで、物事の本質を見極めます。

〇私たちは多角的な見方を歓迎します。
意見や見解は人の数だけ存在します。
柔軟な発想を持ち、お互いの考えを尊敬・共感し合うことが大切であると考えています。

〇私たちはコミュニケーションを大切にします。
何でもPCでできてしまう便利な時代だからこそ、画面の向こう側に「人」がいることを忘れません。
機械に依存しない、心と心のコミュニケーションを心掛けます。

〇私たちは比類なき価値の創造を志向します。
社員一人一人がプロフェッショナルであり、イノベーターであると考えています。
一枚岩となって問題解決に取り組み、ステークホルダーへの貢献を果たしていきます。

会社のストーリー

アフィリエイトASPは広告を掲載し料金を払ってくれるクライアント様のほうばかりを向いてしまいがちでしたが、私たちは、広告を掲載してもらうメディア様側との距離も大切に考えました。全国のメディアオーナー様を訪ね歩き、サイトの改善案をご提案しながら、仲良くなることに力を注ぎました。
そうしてメディアとのリレーションを深めたおかげで、単価が低かったり、人気のない広告を掲載してもらうお願いも聞いてもらえるようになりました。すると、クライアント様にも喜ばれます。クライアント様に対しては、そういった広告でもどうすればより効果が上がるかを一緒に考え、信頼関係を深めています。

現在、アフィリエイトシステム広告の運用を中心に広告代理事業で培ったノウハウを武器に幅広いソリューションサービスを展開しています。今後は事業拡大のためにも、WEBシステムやアプリの開発により力を注いでいきます。
企業名 株式会社キャナル
企業URL https://t.canal.bz/
代表者 田中則和
所在地 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-10-4 越山LKビル5階
設立年月 2005年8月
資本金 10,000,000円
平均年齢 32歳
従業員数 20人
事業内容 ■広告代理事業
■WEBメディア開発事業
■メディア運営事業
■WEBプロモーション事業
■医療事業・ITソリューション
■SEO事業
■衛星画像関連事業
■地盤変動観測事業
■投資事業