AI TOKYO LAB株式会社

何を目指しているのか

近年、多くの企業が取り組むデジタルトランスフォーメーションを実現するためにはAIやIoTなど先端技術の活用が不可欠である一方で、高度専門人材の不足や法規制、技術的な制約など多くの課題が複雑に関係しており、単一技術や単一企業だけでは解決が難しい現状があります。また、収集した膨大かつ機微なデータをAIを使用して解析する際に必須となる「セキュリティ」への適切な対応が求められています。

 このような背景があるなか、AI TOKYO LABが有するAI受託開発及びAI人材育成ノウハウを、ココンの強みである「テクノロジー×ブランディング/デザイン」のノウハウと掛け合わせる事により、広範かつ高付加価値なサービスを提供できると考え、この度の合意に至りました。

 今後は、AI TOKYO LABが行ってきた大学や研究所との産学連携に加え、ココンの強みである暗号技術などのテクノロジーを用いて、安全な機械学習の実現に向けた実証実験やセキュアAIなどの実プロジェクトを推進してまいります。このような取り組みを通じ、ココンはイノベーションアクセラレーターとして技術的課題や法的課題を解消し、さらなる事業の発展や顧客満足の向上を目指してまいります。

取り組んでいる事業

AI TOKYO LABは、AIに代表される新技術と、小売業を中心とした豊富な実績を活用し、様々な分野における業務課題の抜本解決と、新しい価値の創出に貢献します。
北海道大学を始めとする国内研究機関と連携し、共同研究を行うことでビジネスとアカデミックの両方のアプローチから日々新しいソリューションを開発しています。

【 AIカメラ】
店舗に設置したカメラで、来店顧客の人数や属性を把握することはもちろん、店舗内の回遊導線や行動分析、可視化することで、マーケティング戦略に沿った顧客が来店しているかの計測や、棚割や陳列が、購買行動に適切につながっているかを把握し、PDCAを増すことが可能になります。
AIカメラは、高度な防犯カメラ機能も兼ね備えているため、複数のカメラを設置することなく、1台だけで「マーケティング+防犯+業務効率化」の機能を満たすため、コストを最小化することができます。

【 需要(売上)予測】
様々な要因で変化する店舗への来店数や商品別の売上などを予測し、これまで熟練店長や本部スタッフなど特定の人材のみで行っていた予測業務を効率化し、精度の高いPDCAを実現することができるソリューションです。

【シフト自動作成】
AIシフト自動作成は、各スタッフの希望や売上予測に応じた生産性の最適化を考慮したシフト作成を自動化することに加え、AIカメラと連動することで、実際のシフト計画通りに作業を行うことができたかどうかをチェックし、計画と実績の差分をフィードバックすることで、PDCAを回し、より高い精度のシフトの自動作成が可能となります。

【レコメンデーション】
レコメンデーションは、顧客の来店履歴やECサイトでの閲覧履歴、アプリ操作履歴などの多角的な情報からその人にピッタリのチャネルでクーポンやキャンペーンを届けることが出来、ピンポイントの購買機会を創出することができるソリューションです。
顧客にとって潜在的な欲求解消や、かゆいところに手が届くをAIによって提供することができます。

【AIコンシェルジュ】
探している商品や店舗施設について音声一つで簡単に質問できるAIスピーカーは、店員を介さないバーチャルコンシェルジュとして顧客のニーズに応えるソリューションです。

【 AIミニラボ】
自社でAI導入を検討されている企業のお悩みの声から生まれた、AIリサーチ・研究プログラムです。
「自社でAIのプロトタイプを開発しているが、難しいポイントがあり手伝って欲しい」
「AI導入を検討している領域での最先端の論文を要約してレポートして欲しい」
など、AI TOKYO LABがこれまで蓄積してきたAI開発のノウハウを元に、1ヶ月〜の単発契約で、AI開発を支援するサービスです。必要に応じて、北海道大学のAI研究室などとの共同研究もコーディネート可能です。

【AI人材育成講座】
新入社員向けにビジネス教養としてAIの基礎を2時間で教える講座、ビジネス職向け、AI開発をプロジェクマネージャーとして適切にディレクションするための講座、そして、AI開発を推進していける人材を育成するためのエンジニア向け講座など、企業のご要望に応じてオーダーメイドでご提供をしています。

【AI受託開発】
自動車、金融、メーカー、通信、リテール、メディア、物流、外食など大企業を中心とした開発依頼に対して、適切な体制を構築し、顧客のニーズに沿った最適な手法を選択し、密にコミュニケーションをとりながら、フレキシブルに、高い満足度でAIシステムを納品してきております。

会社のストーリー

AI TOKYO LABは「AI受託開発事業」と「AI人材育成事業」の2つの事業をコアとするAI専門のテクノロジー企業です。AI受託開発事業では少数精鋭のスタッフによるスピーディな開発、AI人材育成事業では著名教授陣の監修のもと博士号所有スタッフによる実践的内容を強みとしています。
AI TOKYO LABはAIテクノロジーを基に、人間の無限のアイデアを付加価値とし、様々な現場で働く人々の未だない革新的な未来を創造するスペシャリストチームです。 

- Leading humanity to explore our technological frontiers -
人類が未だ立ち向かったことのない領域へ  

AIの急激な進化により、人間の働き方が問われる現代。
私たちは、AI(人工知能)をはじめとするテクノロジーを活用し、実社会で働くたくさんの人を「コスト」として考えるのではなく、「資産」として捉え、「モノ」×「人」×「テクノロジー」の組み合わせによって生み出される価値の創出を追求していきます。
企業名 AI TOKYO LAB株式会社
企業URL https://aitokyolab.com/
代表者 小野 良太
所在地 〒151-0071
東京都渋谷区本町三丁目12番1号 住友不動産西新宿ビル6号館 7階