業界未経験で入社したから伝えられる!!インタースペースで働く魅力!

株式会社インタースペース

「Win-Winをつくり、未来をつくる。」という理念をもち、成果報酬型のアフィリエイト広告でお客様のビジネスに貢献しながら、Win-Winのビジネスモデルを築いて参りました。 事業を進める上で大切にし... もっと見る

Interview Staff
Tさん
大学を中退後、不動産業界で賃貸のカウンター営業および不動産売買の営業に携わり活躍。その後、当時のチームメンバーと会社を立ち上げる。その後インタースペースにジョインし、金融業界に特化したグループで広告主側の営業として勤務。自分の立てたビジョンを達成するために躍進中!
Nさん
大学を卒業後、レンタル・リース会社に就職。営業としての実績を出した後に、無形商材の営業に興味を抱き転職を決意。HP制作会社で営業を経て、インタースペースに入社。現在はメディア営業として活躍中。前職でも社内表彰を受け、持ち前の営業力を活かし、インタースペースでも全社表彰で70名いる新人の中から新人賞を受賞!
Interview Staff
Tさん
大学を中退後、不動産業界で賃貸のカウンター営業および不動産売買の営業に携わり活躍。その後、当時のチームメンバーと会社を立ち上げる。その後インタースペースにジョインし、金融業界に特化したグループで広告主側の営業として勤務。自分の立てたビジョンを達成するために躍進中!
Nさん
大学を卒業後、レンタル・リース会社に就職。営業としての実績を出した後に、無形商材の営業に興味を抱き転職を決意。HP制作会社で営業を経て、インタースペースに入社。現在はメディア営業として活躍中。前職でも社内表彰を受け、持ち前の営業力を活かし、インタースペースでも全社表彰で70名いる新人の中から新人賞を受賞!
記事をシェアする
インタースペースに入社するまで
――― 今までのご経歴を教えてください!
Tさん 私は少し人より遅れて社会に出ていて、当時、まわりは社会人3年目になっていました。このままではだめだなぁと思い、フランチャイズ展開をしている不動産会社に就職をしました。
――― その会社を選んだ理由は何ですか?
Tさん 幾つか理由があります。他の業界よりも給与が高かったことと、面接官だった部長に、反骨精神があって勢いがありそう!と評価をしていただき、ここなら楽しめそうだと思い入社を決めました。あとは年齢層が若く実力主義の風土で年下の先輩もたくさんいたことから、この環境の中で挑戦して、今までの遅れた分を取り戻せると確信をしたのも理由です。宅建の資格取得が昇格への近道であり、今後の役にも立ちそうと思ったのも魅力でした。
――― その後のキャリアについて教えてください。
Tさん はい!宅建は2、3か月の勉強で、一発合格でき、順調に働いていました。
20代後半になった頃、副店長として働いていたのですが、この先の事を考えて、転職をしようと決めました。
これまでの不動産業界の賃貸営業の経験だけではなく、社会的にも融通が利くような知識やより難易度の高いスキルを身に付けたいと考えるようになりました。あとは私生活でも結婚などの変化があったので、不動産の賃貸から、レベルアップが出来ると考え売買の方をメインとしている会社に転職をしました。

ここでは収益不動産をメインに扱っていました。もう少し新しい販売の形を模索したいと思い、1年勤務後、営業部の仲間と新しく会社を立ち上げました。営業の責任者として頑張りましたね!
――― Nさんのご経歴を教えてください。
Nさん 大学を卒業して、レンタル・リースの会社に営業として就職をしました。
就職活動をしたのが、2011年の就職氷河期の時だったので、必要以上に高望みをせず、最低限の希望が合えば入社をしようと考えていました。そこで数年働いて、しっかり実力をつけてから転職をしようと入社当初から決めていました。
――― どんな営業をされていたのですか?
Nさん 法人向けで、既存だけではなく新規顧客に対しても営業をしていました。営業では成績優秀で表彰されたりもしました!
自由に車で外回りをして…楽しかった思い出もたくさんあります。在籍している間は、少しでも多く営業としてのノウハウを身に付け、めいっぱい働いて貢献をしたいという思いが強くありました。ただ、入社前から営業として一定のスキルと実力がついたら転職を決めていたので、約4年勤務した後に転職を決めました。
――― 次はどんな会社に転職をしたのですか?
Nさん HP制作の会社です。学生のころからITが人気だったこともありますが、在庫を持たずに売上を生み出すIT業界ってすごいと思っていて、27歳だったらチャレンジできる可能性があると考え転職をしました。
ここでは、CMSを自社で開発していて、これを販売する営業として働いていました。直接、顧客に営業をするのではなく代理店に向けての営業です。
前職では自社の商品をたくさん売った人が評価されていましたが、ここの会社では、どれだけ代理店の売上に貢献できるか?代理店へのメリットをどのように提案ができるかが評価されるポイントでした。今までと違い、0から1を作り出す仕事だったので、新たなやりがいが多くありました。
インタースペースに入社を決めた理由とは!?
――― なぜ全く異なるIT業界に転職をしたのですか?
Tさん 独立をした会社は1年でつぶれてしまいました。
この現実をみて、この先どうしていくべきか?自分がこれからやりたいことって何だろう?
30代、40代ではこんな姿になりたい。考えたビジョンを達成するためには、どんな会社にはいったらいいのか?と真剣に考えました。

特に不動産業界は顕著かもしれませんが、今までアナログの世界で生きていました。例えば電柱にチラシを貼ったり、住宅への飛込営業などです。
みんなこれらを当り前にやっているが、もっと効率よくできるのでは?こうしたら楽なのに?と不満や疑問がありました。
今後は仕事上においていろいろと効率化していくためにも、IT業界に入って経験を積もうと決断したのがこの業界に決めた理由です。
――― 数あるIT業界から インタースペースに入社を決めた理由は何ですか?
Tさん 一言で言えば、人事の印象がとても良かったからです。
面接等で私の話を親身になって聞いてくれたり、これまでの経験をしっかりと評価してくれました。
また、その場で会社全体のビジョンもしっかり聞くことができました。
この人が人事として働いているならば、きっといい会社にちがいない!と思いました。
また、ジョブローテーションや新規事業の推進などもあり私が求めている環境があると感じたことが入社を決めた理由です。
――― Nさんがインタースペースを知ったきっかけは何ですか?
Nさん 今後のキャリアと私生活のことを考えているタイミングで、知人からインタースペースを紹介して頂いたのがきっかけです。前職では、給与の大半をインセンティブが占めていたため、毎月の給料の上下変動が激しい状況でした。結婚した後もここで働くべきなのか当時はとても不安を抱えていました。

前職で一緒に働いていた仲が良い後輩と飲みに行く機会があり、いろいろとインタースペースのことを教えてもらいました。
普通に考えれば、誘われても、後輩がいる会社に転職することって抵抗あったりすると思います。
ただ、その飲みの場で後輩が言っていた「仕事をしていて楽しくてしょうがない!」という一言が印象的でした。

前職の会社ではそんなことを彼の口から聞いたことがなかった。
そこで一度、面接ではなく面談という形で人事の方に会ってみようと思いました。
――― 面談に行かれてどう思われましたか?
Nさん これはあくまでも当時の私の考えですが、どんな会社の人事も、面談や面接では、自社の良いことしか話さないと思っていました。
ただ、実際にインタースペースの人事の方と面談をしてみると、良いことだけではなく、包み隠さず全部話してくれました。

そして話してくれた内容が、後輩から聞いた話と全く相違がなかったんです。

ここなら大丈夫だ!ここで働きたい!と思い、入社を決めました。
広告は未経験でしたけど29歳だったので、ギリセーフかと(笑)
もともと広告に興味はなかったのですが、仕事内容が純粋に面白そうだと思いました。
インタースペースで働くやりがい!
――― 今の仕事内容とやりがいを教えてください。
Tさん 前職までは不動産という有形商材で、いかに買っていただくか?という単純な話でしたが、今では目の前の結果だけではなく、お客様の中長期的な事業計画に合わせた提案営業をしています。
私が所属している部署のお客様は、金融関連の会社です。どの会社も新規のユーザー獲得のために様々な取組みをしています。
アフィリエイト広告を中心にあらゆるWeb広告を駆使してお客様の求める効果の最大化に向けたコンサルティングを行っています。

不動産では感覚で仕事をすることが多かったですが、今は、分析力を重視し営業をしています。未経験で入社をしましたが、入社後、「分析力」は本当に身についたと思います。
また、お客様に信頼をして頂けるように、担当している広告主側だけではなく、メディア側の営業に同行もしたりしています。
スキルがつくことはもちろんですが、様々なメンバーと関わり仕事ができることも、とてもやりがいに感じています。
Nさん 私はメディア営業として、無形商材全般を担当しているグループに所属しています。お客様は美容、エステ、人材(転職サイト・人材紹介)業界などです。

営業の場合、一人でたくさん売ることが評価される印象が強いかもしれませんが、
インタースペースの営業は、一人では絶対にできません。
広告主の担当と2人で協力してメディアの収益アップ、広告主の売上アップのために、
チームとして活動していきます。
仲間と連携して動く営業スタイルに、とてもやりがいを感じています。

Web広告はすべての重要指標と紐付く数字が分かります。営業職なので営業としてのマインドや行動量は大切ですが、インタースペースでは分析能力がとても必要です。
未経験で入社をしましたが、ロジカルな思考力はとても高まっていると思います。
先輩からのメッセージ!
――― 転職活動中の方へアドバイスをお願いします。
Tさん 転職するときに考えることはたくさんあると思います。私自身もたくさん考え悩みました。
考えることはお金、出世など人それぞれかもしれません。ただ、これらの中で一番大切にしてほしいことは、「自分の好きな事ができるかどうか」だと思います。
インタースペースには、いろんなポジション、様々な業務があります。
やりたいことをやらせてもらえる環境があるし、自分でキャリアプランを設定できます。自分の目標をしっかり持っている方には、とても働きやすい会社だと思います。

インタースペースの強みを一言で表すならば、お客様の「懐に入り込む強さ」です。
信頼を深いものとするために、社員全員が自主性を高く持って行動しています。
こんな環境をぜひ楽しんで働いてもらいたいです!
Nさん 私自身、働く上でプライベートをずっと大事にしてきました。
インタースペースでは、ワークライフバランスがしっかりしています。働く時はガッツリ働き、抜くところではしっかりリフレッシュをする。ONとOFFのメリハリをつけて仕事もプライベートも充実させることが出来ます。
これを実現させることが出来ているのは、個々が生産性と営業力を高めているからこそ成せているものだと思います。

一人一人が高いスキルを持ち、新しいことへ積極的に挑戦をする風土があります。
新しい挑戦をどんどんしたい方にぜひ応募してもらいたいです!
記事をシェアする
「Win-Winをつくり、未来をつくる。」という理念をもち、成果報酬型のアフィリエイト広告でお客様のビジネスに貢献しながら、Win-Winのビジネスモデルを築いて参りました。 事業を進める上で大切にしていることは、目先の短期的な収益を優先せず、常に長期的な視点を持つこと。 もちろん、企業である以上、収益確保、つまり“稼ぐこと”は重要。しかし、自社の利益や自分の報酬が先にあるのでなく、お客様の事業繁栄を最優先し、優れたサービスを提供し続けることで、結果は後からついてくると思っています。本当に必要とされている価値を創造するビジネスに取り組み、お客様との信頼関係を永続的に維持...
この企業が公開している求人