3人のシステムエンジニアが三恵クリエスを語る!

株式会社 三恵クリエス

ーー【フリーランスの集まりではできなかったことがある】ーー 三恵クリエス代表の木幡(コハタ)と申します。 三恵クリエスのシステム開発部は今から22年前に設立され、当時はフリーランスの集まりでした。 ... もっと見る

Interview Staff
橋本
2013年4月新卒入社 Androidエンジニア
サッカー大好きです。横浜Fマリノスを応援しています。フットサル部もありますので一緒にやりましょう!
渡辺
2016年4月新卒入社 iOSエンジニア
ディズニー共通年間パスポートで毎月2回、夢の国へいきます!
福島
2018年4月新卒入社 iOSエンジニア
最近は任天堂スイッチのスマブラにはまっています。推しキャラはキャプテン・ファルコン!
Interview Staff
橋本
2013年4月新卒入社 Androidエンジニア
サッカー大好きです。横浜Fマリノスを応援しています。フットサル部もありますので一緒にやりましょう!
渡辺
2016年4月新卒入社 iOSエンジニア
ディズニー共通年間パスポートで毎月2回、夢の国へいきます!
福島
2018年4月新卒入社 iOSエンジニア
最近は任天堂スイッチのスマブラにはまっています。推しキャラはキャプテン・ファルコン!
記事をシェアする
新卒からずっと三恵クリエス!
――― 橋本さんは三恵クリエスでどんな存在!?
渡辺 三クリには色んなタイプのエンジニアが在籍しているんですけど、橋本さんはなんでもできる方ですね。どの分野もそつなくこなす、オールマイティータイプです。
Android開発をずっとやられているんですけど、スキル的にもレベルが高く、新卒時代の外部研修先でなぜか講師をやって帰ってきたという伝説があります。笑
自社オリジナルのスキル試験があるんですが、その解説担当者も担っていたり、橋本さんはいるだけで頼りになり安心できる存在です!
橋本 詳しいですね(笑)
一応大学からプログラミングをやっていたので、研修先でやることは大体簡単だったんです・・。
渡辺 「橋本さんが10人いれば会社は安泰」って誰かが言っていましたよ。笑
福島くんは橋本さんのイメージってどう?
福島 いやあ~そうですね・・勿論すごい先輩だな~と思っていますけど、
ほら、あの、熱狂的な横浜Fマリノスのサポーターじゃないですか。

最初はアウェイもホームもほぼ全ての試合に行っていたって聞いて「どっちが本業?!」って思いました。笑
こんなに休日はサッカー漬けなのに、仕事の時はいつでも頼れる先輩っていう・・。
この2つを高いレベルで両立されているのが素晴らしいです!
橋本 最近は回数を少し減らしましたけどね・・。
あと三クリには時間単位有休があるので、行きやすいんですよ。17時に退社して19時からゴール裏で観戦することもあります(笑)

あとはプレイするより観戦の方が好きですが、社内でもフットサル部があるのでそこには時々参加しています。
――― 渡辺さんの入社経緯や今の仕事を教えてください!
渡辺 僕も新卒入社なんですが、もともと就活のときに軸にしていたのが、「長く働ける会社」と「人間関係」だったんですね。
色々な会社をみてきましたが、その軸に三クリがはまったというか・・。
三恵クリエスの和気あいあいとした雰囲気と先輩方の印象が決め手でした。
自分は文系だったので「何ができるか」というより「だれと働けるか」「長く働けるか」が大きかったんです。
橋本 和気あいあいとした雰囲気いいよね。
渡辺 面接の時にちょうどお昼休みだったこともあり、笑い声が執務室から聞こえてきたり、
面接官以外の方も笑顔で挨拶して頂いたりと色々と気にかけて頂いてる印象が強かったです。
橋本 入社して3年たつけど、今のiOSアプリ開発エンジニアは楽しい?
渡辺 楽しいですよ!なんだろう、自分に「合っている」感じがします。
もともと勉強は嫌いなんですけど、なんかプログラミングの勉強は好きなんです(笑)
勿論まだまだできないことが多いので、行き詰まったり、大変な時もありますが、だからこそやり遂げたときの達成感は大きいです。

あとは、iOSエンジニアは全体でみるとまだ少ない層なので、
文系出身なのに新しい技術に触れられたり、自分の経験背景に左右されずに挑戦できるのが楽しいし、やりがいですね。
橋本 渡辺君はやっぱり業務に関しては「デキる方」ですよ。
iOS開発に関する情報ってネットとかで調べてもなかなか答えが出てこないから、その分苦戦もしていると思うけど本当に成長しているなって思います。
若いうちからお客様と直接話せる機会も多いしね。

ただ、業務外の会話とか本当に適当だよね?嘘ばっかりで何が本当かわからないです(笑)
渡辺 いやいやまぁ。笑 
業務では嘘つかないですよ!!
――― 1年目の福島さんはなぜ三恵クリエスに入社を?仕事には慣れてきた?
福島 4月~7月まで研修だったので、今やっと徐々に慣れてきた感じです。
なんか最近、適当なところが渡辺さんに似てきたって言われます・・。笑

三恵クリエス入社の決め手はお二方とも若干被ってしまうのですが・・。
選考のときに、実際働いているエンジニア社員から採用担当には直接きけないことや現場の雰囲気についてなど話をきくことができるんです。
ちょうど、自分の時には渡辺さんと橋本さんが話してくれて。
会社の明るくノビノビした雰囲気とかも含めて、この人たちと働きたいな~と思えました。
渡辺 確かに自分と似ているな~と感じるところはあるけど、
福島君は自分の一年目の時と比べると比べないものにならないくらい良くできるよ!

一緒に仕事をしているけど、作業を任せたときも、絶妙なタイミングの報告、相談ができているし、依頼する側からしても助かります。
福島 いや~・・・有難うございます!

一年目の今は、自分の考えでいうと「上しかない」時期だと思うんです。言い換えれば伸びしろしかないっていうか。笑

だから、どんどん日を追うごとに少しずつでもできることが増えていって、そこが今は遣り甲斐だと思っていますしもっと成長しないとなって思います・・!
――― 研修の内容は?
福島 Javaプログラミングの基礎知識以外にも社会人としてのヒューマンスキルや報連相、マナーを学びました。
橋本 福島くん、2か月間の外部研修、全受講生の中でTOP成績だったらしいじゃん!
福島 いやほんと数字の上では・・って感じなんで!(笑)
渡辺 研修の時はもう少しまじめだったよね(笑)
福島 今の自分があるのは渡辺さんの影響大ですね(笑)
大手通信キャリアのビッグプロジェクト~やりがいと苦悩~
――― 具体的にどんなプロジェクトに参画されているんですか?
渡辺 某大手キャリアの通話料や毎月の請求金額をまとめてみれるアプリをつくっています。
橋本 某キャリアの携帯であれば、購入初期から入っている公式アプリです。
すごいリニューアル頻度が高く、デザインもかなり変わるし、機能は+αで追加していきます。
――― 何名体制ですすめているの?
橋本 アプリ開発メンバーとデザイン関係、本部まで含めるとかなり大規模ですね。
何名いるのか把握できてないですね。
渡辺 基本的に開発はすべて弊社で請け負っています。
三恵クリエスのアプリ開発チームだけで20人以上いますね。
完全に受託として参画しています。
――― どんなところに責任感や、やりがいを感じますか?
橋本 そうですね。開発手法がスクラム開発でやっているので、新しい試みというところがまず遣り甲斐に感じました。

2週間で決められたことをどんどん進めていくので、内容や時期によって大変な時もありますが、目的がはっきりしていましたし、あと何だろう、「皆で頑張っていこう」という雰囲気が良かったですね。

難しかったところは、リリースに向けて、難易度が高いものが残ってしまい、最後はちょっとバタバタしました。
渡辺 山場でしたね(笑)
橋本 スクラム開発はそういう山場をつくらないための手法でもあるんですが、やっぱりはじめての試みでしたので勉強になりました。
でもスクラムじゃなかったらもっと大変だったかも。
渡辺 クライアントもはじめての試みだったというのもありますしね。
橋本 デザイン会社やリリース判定をする本部など様々な人たちと進めているので、この機能はやっぱりほしいとか、最終確認でいろいろでてきちゃったんですよね(苦笑)
大きなプロジェクトなのでまとめて進行するのは難しかったな、と思いつつ、まぁ次への課題ですね。
――― 山場って聞くと大変そうですが・・・どんな感じだったんですか?
渡辺 ああ。そうですねぇ。
でも結構いそがしくても、全員開発メンバーが三恵クリエス社員だったので、雰囲気はかなり良かったです。
自分の周りは笑いが絶えないいい環境でしたね。
橋本 業務中はモクモクと取り組む人が多いんですけど、気分転換に外へ出てみたり、
別チームの人とも会話を交えながらリフレッシュしたり、大変だからってピリピリしないのがうちの雰囲気だと思います。
渡辺 あと、自分と福島君のいるチームではお昼休みは毎回一緒に食べにいってました!
曜日ごとにお店を選ぶ人を変え、担当制で周辺の店開拓をしよう!っていう別の目的もつくって。笑
橋本 あれ、じゃぁ福島君担当の時は松屋なの?
福島くん松屋以外たべないってきいてたけど(笑)
福島 いやそれがですね。先輩方へ何度か松屋を推薦していたのですが・・行けなかったですね~。
しんどかったです(笑)
渡辺 提案しても毎回却下されていたよね(笑)
福島 はい(苦笑)
3人が求める人物像
――― 最後に、どんな人と一緒に働きたいですか?
福島 そうですね。プロジェクトが大変な時でも、雰囲気を良くしてくれる人。
まさに渡辺さんみたいに人を明るい気持ちにしてくれる方がいいです!(笑)
渡辺 たしかに、ひとりピリッとするとまわりに伝染するよね。
そういう面では、感情に流されず、いい雰囲気づくりを一緒にしてくれる人がいいですね。
新卒ならスキル的には最初からそんなデキなくてもいいけど、報連相とかできる人の方がいいかな。

橋本さんは意識せずに良い雰囲気が滲み出てますからね(笑)
橋本 そうね(笑)
どんな人と働きたいかっていうのは、中途の場合、求職者がスキルチェンジなのか、環境を変えたいだけなのかにもよって変わってくると思っていて、どっちにも必須なのがコミュニケーション能力ですかね。

スキルチェンジの場合はやる気や人柄、新しいことへチャレンジする積極性が大切かなと思います。
ただ、やってみてすぐ「だめだな」とやる気をなくすような人は困ります・・。
あとは後輩や新卒に対しても、上から接するのではなく常に謙虚で向上心がある方と一緒に働きたいですね。
渡辺 いや、ほんとそれですね。さすが、橋本さん!
橋本 新卒や経験が浅い方でいうと、やる気と雰囲気づくりはもちろん、
社内イベントなども積極的に進んでやってくれる人が会社的には嬉しいですね。
決して今年の一年目をみて思ったわけではないよ(笑)
福島 えっ?(笑)
渡辺 今年の新卒は初期から大きな新規プロジェクトで忙しかったからね(笑)
あとは自分的には忍耐力があるといいなぁ、と思います。
福島 僕が忍耐力ないってことですか?
渡辺 いやいや。めちゃくちゃ忍耐力あるじゃないですか。新卒1タフでしょ。
福島 いや、言いすぎです(笑)
渡辺 でもやっぱり未経験や経験者問わず、メンバー視点から言えばやっぱり人物面を重視したいですね。
橋本 スキルは勿論大事ですが、三恵クリエスの空気感に合えば一緒に長く働けると思います。
記事をシェアする
ーー【フリーランスの集まりではできなかったことがある】ーー 三恵クリエス代表の木幡(コハタ)と申します。 三恵クリエスのシステム開発部は今から22年前に設立され、当時はフリーランスの集まりでした。 プログラマー、エンジニアとして自ら磨きたい技術を磨き、実力を確実につけ、仕事も選べて自由度がある。 フリーランスは確かに高い満足度と利益には繋がりました。 ですが、ふと「会社」としての自らの姿を客観視した時に、いくつかの想いが頭をよぎりました。 「本当にみんなが同じ方向に向いているのか?」 「会社としての「強み」はあるのか?」 「今のままで全員で何か大きなプロジェクトをとりにいけるか?」 ー...