BASE株式会社

取り組んでいる事業

【BASEにいて】
《参考記事》
 2018年3月に、香取慎吾さん出演のCMが放映されました!
 https://thebase.in/cm

■ネットショップ作成サービス「BASE」 
「BASE」は、30秒で自分だけのネットショップを無料で開設できます。
開設店舗は45万店舗、アプリは400万ダウンロードを突破しました!
https://thebase.in/
https://thebase.in/sp(Apps)

【PAY事業について】
《参考記事》
「未来の世の中に必要な支払い環境を、PAYで整えていきたい」
満を持して新設されたBASE子会社PAY 高野兼一が想い描く夢とは?
https://upstory.jp/paytakano

■お支払いアプリ「PAY ID」
「PAY ID」は、お店でも、友達にも スマホで支払える、ID型決済サービスです。PAYCodeという専用のQRコードを読み取るだけで、BtoCの決済や、個人間の決済にもご利用いただけるサービスです。
https://id.pay.jp/

■オンライン決済サービス「PAY.JP」
「PAY.JP」は、シンプルな料金体系を追求した、オンライン決済サービスです。
強固なセキュリティを担保しつつ、組み込みも簡単です。
https://pay.jp/

何を目指しているのか

BASEでは、「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」
をミッションにしており、
最適な人や場所にお金やモノが行き渡り、シンプルな価値交換ができる社会を創造するため、
BASEチームでは価値を交換する「場」
PAYチームでは価値を交換する「手段」
として事業を展開しています。

価値の交換がもっとシンプルになるように、
世界中の方々がより最適な価値の交換を行える未来を作っていきます。

どのように挑んでいるか

ミッションを達成するために、BASEは自らを現す1つの哲学と、
行動や判断の軸となる3つの行動指針を持っています。

【哲学】
■STAY GEEK
「こだわり」「探求する」「突き詰める」「妥協しない」といった意味合いで現状この言葉を選びました。
モノづくりしてる人を想像出来るような、時代/人によって意味が変わるような、まるでインターネットのような。
プロダクトを作る楽しさと、一番の問題に取り組み続ける大切さもこの言葉から連想したい。
多くの人の役に立てて、多くの人に喜んでもらえるようなプロダクトを作ってみたい。
社会にもたらせるインパクトやパワーを常に自覚し意識して、僕ら一人ひとりがGeekであり続ければ、未来に少しは貢献できるのかなと思います。

BASE, Inc. 代表取締役CEO
鶴岡 裕太

――STAY GEEKについてのCEOメッセージより抜粋――


【行動指針】
■「BE HOPEFUL」
楽観的でいること。期待した未来は実現すると信じて、勇気ある選択をしよう。

■「MOVE FAST」
速く動くこと。多くの挑戦から多くを学ぶために、まずはやってみよう。

■「SPEAK OPENLY」
率直に話すこと。より良い結論を得るために、その場で意思を伝えよう。


BASEは2018年1月に15億円の資金調達を実施し、今後はサービスも組織も拡大して行きます。
さらに成長を続けるBASEと、是非一緒に世界中の方々がより最適な価値の交換を行える未来を創りましょう。
企業名 BASE株式会社
企業URL https://binc.jp/
PR動画
代表者 鶴岡 裕太
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2丁目11−1 Gスクエア2F
設立年月 2012年12月
事業内容 Webサービス企画・開発・運営