株式会社スプラシア

他社とは違う!ココが自慢!

【スプラシアの3つの強み】
①サービス・システムの立ち上げをスピーディーに実現する

独自のサービス開発用基盤
スプラシアでは、自社サービスの開発を通して、ITサービスに必要な基本機能をモジュール化し、独自の開発用基盤として保有。
例えば、ログイン機能やユーザー管理、アカウント管理機能など、ゼロからではなく、すでにあるモジュールを活用して開発。 まずは第一段階となる“立ち上げ”を、高品質かつスピーディーに実現します。

■スプラシアの開発基盤『sprasiaSTUDIO』
https://www.sprasia.co.jp/sprasiaSTUDIO/

②日本品質の実現とコストメリットに寄与する潤沢な開発リソース

日本的なIT開発を熟知し、実績も豊富な日本人エンジニアと、自社サービスの開発を通して経験を積んでいるフィリピン・セブ島のオフショアチームが、開発を担当します。
上流工程から窓口となる日本人エンジニアが参画することで、コミュニケーションの精度を高め、独自の開発用基盤をベースに開発を行うことで、高品質かつ適正価格を実現しています。

■スプラシアの開発
https://www.sprasia.co.jp/development/

③自社サービスで培ったマーケティングナレッジ

設計から効果測定、販促までを、ビジネスパートナーとしてサポートします。
マーケティング領域において役立つ、動画作成アプリやアンケートアプリなどの自社ITサービスの提供も行っております。

■スプラシアのITサービス
https://www.sprasia.co.jp/service/

取り組んでいる事業

当社ではオフショア開発に特化したクラウドソーシング型のマッチングサービスプラットフォーム『ラボショア』を2017年にリリースしました。

『ラボショア』
http://labshore.com

ラボショア最大の特徴は、一般的なクラウドソーシングサービスと異なり、個人への委託や対応が難しい、ある程度の開発規模が必要になる要望に対して、開発実績を参考にして開発チームでのマッチングができる点です。「5人で半年規模のアプリ開発を依頼したい」「時期によって変わる作業ボリュームに応じて5人から10人規模のチームにシステム開発を依頼したい」といった要望を登録することで、潤沢な開発人材を保有するオフショア開発パートナーを長年活用しているスプラシアが審査を行い、その審査を通過したオフショア開発チームをマッチングすることができます。

技術の進歩が非常に速いITの世界では、企業内にあらゆる技術に対応した優秀な人材を確保することは容易ではありません。また、日本国内のIT人材はすでに17万人超が不足しており、今後の人口減少に伴いさらなる深刻化が予測されています。そうした環境において、欲しい時に欲しいだけ、教育コストをかけずに優秀な技術や実績を有するリソースを、低価格でありながら高品質、といった開発ニーズを日本国内のIT開発体制で実現することは大変難しくなっていくと考えられます。

スプラシアでは、フィリピン・セブ島の開発パートナーと連携し、スタートアップからナショナルクライアントまで、数々のプロジェクトにおいてオフショア開発のサービスをご提供しており、Webアプリ開発、Webシステム開発、iOS・Androidなどスマートフォンやタブレットアプリ開発など、幅広い開発実績を有しています。今までに培ったオフショア開発のメリットを最大限に活かすノウハウとともに、エンジニアとしての知見を有する日本語・英語対応のスタッフを保有しているなど、コミュニケーションのフォローアップを行うことで各企業の開発リソースのオフショア化をサポートします。

【アンケートアプリ「Anky」の特長】

https://www.sprasia.co.jp/anky/

オフラインでも使えるiPadアンケートアプリ「Anky(アンキー)」は、ビジネスシーンに必要なあらゆる機能をご用意しています。
使いやすさにとことんこだわり、展示会やイベント、日々の営業活動を始めとする対面接客シーンにおける効率的な情報収集と、運用にかかる労力の省力化をサポートします。
多種多様な企業のマーケティング支援経験によるノウハウを生かした様々な機能だけでなく、専任のディレクターによるイベント導入サポートやアンケート設計などの各種オプションサービスも充実。
ビジネス創出のきっかけをつくる情報収集アプリケーションとして、企業活動を支えるサービスとなることを目指し、常にユーザーファーストの視点からデータの取得・管理・活用に悩むご担当者さまの課題解決に向けたお手伝いをいたします。


会社のストーリー

【Create new things far beyond expectations.】
新しいコトにチャレンジし、ビジネスを共に“創る”パートナーであるために。

スプラシアは、マーケティング領域の自社ITサービス提供から、独自のサービス開発用基盤をベースとしたセミオーダーのIT開発までを手掛ける2007年設立のIT企業です。

■IT ASSET-ビジネスを創る-
自社サービスの開発を通して、ITサービスに必要な基本機能をモジュール化し、独自の開発用基盤として保有しています。
サービス・システムの立ち上げをスピーディーかつ高品質で実現します。

■DEVELOPMENT・OFFSHORE-ビジネスを加速させる-
システム開発で新規ビジネスをサポートします。
開発パートナーとして、長期的な視点に立ったサービス開発・支援を実現します。

■MARKETING-ビジネスを飛躍させる-
設計から効果測定、販促までを、ビジネスパートナーとしてサポートします。
マーケティング領域において役立つ、動画作成アプリやアンケートアプリなどの自社ITサービスの提供も行っております。

スプラシアは、イベントを手掛ける株式会社博展(東証JQ上場)の100%子会社です。
グループ間の連携も多く、イベントマーケティングにおけるITサービス提供を行っています。
企業名 株式会社スプラシア
企業URL https://www.sprasia.co.jp
代表者 原田 淳
所在地 〒104-0045
東京都中央区築地1丁目13番14号 NBF東銀座スクエア 8F
設立年月 2007年8月
資本金 99,750,000円
平均年齢 34歳
従業員数 20人
事業内容 ・ビジネス向けアプリケーションプラットフォーム『sprasiaSTUDIO』を活用したITサービス開発
・自社アプリケーションサービスの提供