BAMV合同会社

どのように挑んでいるか

【社員として貴重な時間を投資する以上、その先にリターンが無くてはいけない。】

当社は、『人材として十分なブランドも・スキルも得て』おり、今後も『継続が期待できる環境』にいる方向けの会社ではありません。そういう人が何を思って転職をするのかはわかりませんが。

今後もIT業界に生きるのであれば、今よりも注視すべきなのは、35歳以降の人生です。

しかし、35歳以降の人生は、そこに至るまでの期間で、決しています。

今現在、35歳以降の人生を計算できるような経験は積めていますか?

そもそも経験するチャンスを十分に得られていますか?

多くの会社は、『上場の為の売上目標』重視であったり、『受注規模』、『取引先との関係』重視であったり、『ロースキルだらけだから待機の回避』重視であったり。『そもそもリリース済のサービスで、新規ではない』であったり、 社員側の実スキルを重視した経営方針ではありません。コレはある意味、当然です。

故に社員視点だと、フリーランスのほうが、収入が良くてスキルも伸びると言う現象が起こります。

※フリーランス絡みのよくあるうそ。
〇仕事選ぶヤツは使えん!→うそ。 選ばないとスキル伸びない。
〇フリーは不安定。   →うそ。 正社員でも歳とってリストラとか多くね?
〇組織で働けない人だ。 →うそ。 自分達の理屈(せまい)のとおりに動かないだけ。
〇カスばっか      →うそ。 多くのマトモな人は現場。少数のカスがあちこちでやらかしてる。
                 
しかし、フリーでも問題は抱えます。
【規模・資本が必要なビジネスに乗れない】※だいたい仲間内のアイデアで止まる。
【顧客との中長期の関係構築が難しい】  ※エージェントを噛ました場合。
【結局、派遣市場に依存しており、派遣市場が終了すれば退場となる】
 ※受託も規模の問題で安定しない。

結局、35歳以降の問題がそのまま残ります。 出口戦略は30代前半での就職、もしくは起業になりますが、一撃で『良い会社+自分と合う会社』を見つけ出し、そこに転職できますか?  起業したとして、既存の企業と差別化されたビジネスモデルはありますか?実現はできますか? どちらにしても、ミスればその後の人生で大きく不利になります。
これらが【最善の策】として、実行されているとは思えません。




派遣市場に依存しないビジネスの実現を目差す事と、社員のスキルを伸ばす事は本来相反しません。

本質的に求められているのは、高レベルのフリーランスのように『方針を持って仕事を選んでスキルを伸ばし』、『社員の人材市場での市場価値を確保』しつつ、【マトモで普通かつ主要技術が統一されているSE集団を育成する仕組み】と、【それを継続させる枠組みとしての会社】です。

トラッシュはこれを目差して設立された会社です。




手法は、既存人材市場の構造や慣習をメタ的に利用。
技術は、Web・オープンソースを前提にした先進寄りのセット。
安易な資本調達よりも、経営方針・主義の継続。

現在の市場に特化した派遣会社をはじめとするビジネスモデルに対し不利な要素は多々あり、人数の成長スピードでは明らかに負けますが、『スキルレベルを維持したまま4年間で30名の体制(※全員実務にてSE/PG)』まで、実現できており、【実現可能・継続可能なビジネスモデル】であるとの検証もでき、初期に比べ投資資金の予算規模も大きくなりました。

6期目の現在、次の段階へのステップへ入る為、JoinsJob上での常時採用を開始します。

育てる・学べる環境

【トラッシュブリーフィング合同会社 強みと弱み。】

トラッシュは、未経験者から1年前後であるていど新規で書けるJavaPGに、1年半で詳細設計、3年前後で基本設計工程に参画できるJavaエンジニアに育てることを、継続性を持った形で実現できています。

これは採用・育成面に置いて大きなアドバンテージで、『VBやCOBOLの経験しか積めない環境』、『運用フェーズや巨大案件で長く稼動してしまった』等で、スキル不安のある技術者が多く応募してきますし、また、短期間でスキルの建て直しができています。知り合い紹介ルートの採用の数も増えてきています。 即戦力縛りの苦しい採用活動が不要です。

IT業界の常識の外にいる『エンドユーザー』などからは『ホネのある』会社に見えるようで、意外と会社のファンになって頂けたりと、好意的な反応も得られるようです。これは、まったく想定外の事でした。

ほか、これは弱みを許容するが故の特徴として、他社から模倣を受けないビジネスモデルだとわかってきました。

強みとしては十分です。






弱みですが、想像どおりのものが多く見られました。

トラッシュは、昔ながらの下請け型企業・一部の古い大手IT企業との相性が、最悪です。
彼らにはもう少し、プロジェクト管理義務を前提に思考・判断してほしいもんです。まったく。
少なくとも、昔ながらの下請け型の信頼関係の作り方は、トラッシュにはできないと言う制限が生まれます。

素質が高すぎるメンバーの、離職のリスクがあります。成長が早すぎ、いわゆる『卒業』のタイミングが早く訪れます。これは、トラッシュのSE成長スキームの効果が予想以上であった事(会社として方針決めて予算突っ込んだら、威力が凄かった。)もあり、本当においしくないです。会社としては。まあ、彼らがトラッシュにいい話を持ってくる日を待とうと思います。人脈としてはなかなか得がたいです。無理によく言えば。


最後に、模倣されない理由です。

『会社はたいして儲からない』

採用・育成に資金リソースつぎ込みすぎです。つぎ込んでおきながらも、ロースキル大量採用・大量派遣モデルの会社と比べると、どうしても成長スピードで劣ります。メンバーのスキルがあり、離職率が高すぎたりしなければ、不況時なんかは逆に強い為、『リストラしない前提での安定性』はむしろ高いので、まあいいと考えます。
採用止めれば即、資金リソースが発生する状態なワケだしね。

先輩から教わる。後輩も成長し、後輩に教える。 そのループ。
先輩から教わる。後輩も成長し、後輩に教える。 そのループ。

ビジョン・価値観

当社の目的は『終身雇用の確立』と『維持・継続』に、なります。

そりゃもう、派遣だSESだでは実現からすでに実現は難しいワケでして、ここに至る道のりでは、既存のSI市場に向けたサービスのみではなく、その他の一般市場に向けたサービスを
確立していく必要があると考えます。

その上で、一般に新規事業の成功確率は、10%くらいといわれています。

新規のビジネスを継続的に当てていける組織とは、下記の様な特徴を持つものになります。


1.成功するまで何回でも失敗できる。 
他に、収益の柱がある事。新規事業をつぶしても雇用に影響ないこと。

2.他の会社に売上や技術面で依存しない。
下請け要素強いと、自社戦略にあわせたスキル構築が出来ない。依存先にあわせたスキルになって行くし、そういう技術者が評価されるようになりがち。

3.『メンバーのスキル平均が低い』はNG。
対エンドでサービス提供できるレベルが必要。そも、スキル不足な部隊で対エンド向けサービスとか。 死ぬよね。

4.自社で技術力を再生産できる。
競争力の源泉である技術力の調達を外部に頼っては、市場の変化に対し脆弱。自社内のサイクルで、次々と優秀な技術者を生み出す仕組みの構築と、維持が必要。

5.普通の才能の人の、ふつうレベルの努力を前提とする。
天才が必要なビジネスでは不安定。ブラック前提でも高離職率。あくまで普通の人間を前提に、組織力や会社の仕組みで戦うつもりでなくては、ビジネスのスケールが難しいとおもわれます。
 
6.個人レベルでは実現できないビジネスを優先する。
個人レベルで出来るビジネス(速度が不要で、小規模な資本で回る。ブランド不問)は、たくさんのフリーランスたちが圧倒的な数、やるとおもう。また、カンタンに模倣されてしまう。
 『マトモにプログラムを書ける集団』
 『利害を共有した組織』
 である強みを活かすべきです。


BtoCのWebサービス等に関しては、アイデアがあってマネタイズまでのイメージがあれば、その場でやればいいと思います。技術者は全員Webシステム開発者なワケで・・・。マネタイズのイメージが無くとも、小規模であれば各個人で出来てしまうかと。

BtoBのビジネスは、利益率は高いですが、その分、競合のプレイヤーのガチ度合いも強いです。他のプレイヤーと競合しづらいポジションを取る必要が出てきます。
詳細はこの場では書きませんが、継続的に『マトモなWebシステム開発者』を生み出す能力と、マネジメント専門部署のメンバーの力を活かしていく形であれば、中小受託会社や大手SIerと競合しないビジネスモデルを作り出す事は可能です。

この業界では少ない、ちゃんとしたマネジメントと、スキル平均値の高い技術者。

この二つを揃える事は至難である為、他社がビジネスモデルを模倣して追撃を行うには、かなりの時間投資が必要になるでしょう。

会社のストーリー

会社の目的は、現代版の終身雇用体制の構築と継続になります。

そして、最大の特徴は、未経験者から1年前後であるていど新規で書けるJavaPGに、1年半で詳細設計、3年前後で基本設計工程に参画できるJavaエンジニアに育てることが、継続性を持った形で実現できている部分になります。

終身雇用を意識した場合、ビジネスの内容は現在よくあるものではNGです。

スキルを作れる能力を最大限に活かし、『ふつうのひと』を、それなり以上へ育て、その『イケてるふつうのひと』の集団の組織としての力を正しく使用し、他社に依存しないビジネスをエンドに価値を提供しなくてはいけません。

現在は、SIビジネス市場・派遣市場・請負市場に依存している状態と言え、その面でリスクを抱えているといえます。もちろん、他のビジネスもほとんどはナニカに依存している訳で、特別なことではないかもしれませんが。

とりあえず原則、【全ての商品・サービス・市場は、永続しません。】SIビジネスの場合は特に、自動生成ツールの性能向上であったり、エンドの内製化傾向などは、見えるリスクと言う感じでしょうか。この領域からの卒業の為の戦略が必要になります。

我々がエンドユーザーに提供するモノといえば、まず、開発スキルを利用したナニカになります。
単純に、Web寄りの技術を使用したサービス。(BtoC でも BtoBでも)でもよいですし、同じ技術を主力としたベンダーでも構いません。(ベンダーとして振舞う場合は、既存のSIerとの差別化は必須。)
いずれの場合も、AWS等のクラウドを使用する前提、アジャイルソフトウェア開発手法は必須でしょう。

サービスに関しては、模倣が容易であるため、ここには詳細は書きません。『使用するスキルは同じ』であるため、そのまま同じリソースを投入できます。この時点で既にシナジーは計算できます。

この手のビジネスを行う際において、重要なキーとなるのが、新設のPMO(& ITコンサル)の事業部になります。
現在は蒲田。事務所にはお金かけずに育成に投資。
現在は蒲田。事務所にはお金かけずに育成に投資。
先輩から教わる。後輩も成長し、後輩に教える。 そのループ。
先輩から教わる。後輩も成長し、後輩に教える。 そのループ。
企業名 BAMV合同会社
企業URL https://bamv.co.jp
代表者 寺野 克則
所在地 〒101-0021
東京都千代田区東京都千代田区外神田6丁目3−8 ACN秋葉原ビル5階
設立年月 2013年8月
資本金 10,000,000円
平均年齢 30歳
従業員数 39人
事業内容 1.ソフトウェア開発
2.プロジェクト管理支援
3.その他、ITに関わるコンサルティング