テストエンジニアチームが語る、イーゼの魅力とテストエンジニアへの想い

イーゼのエンジニアの技術力の高さの理由は、エンジニアファーストの社風とフォローアップ体制にあった!
今回は、開発工程最後の砦であるテストエンジニアチームの関さんと本中さんにお話をお伺いしました。

株式会社イーゼ

ECサイトを見て「あんなことがしたい」、「こんなことができれば」というイメージからイーゼが誕生しました。 Eコマースをオプティマイズする事から”イーゼ”と命名。 EC系の業務を... もっと見る

Interview Staff
関 茉莉子
入社日:2012年1月入社
趣味:サウナ(サウナ後の水風呂に入った時の爽快感が好き)
職種:テストエンジニア
主な業務内容:業務システム・WEBシステム・スマートフォンの品質評価業務
本中 佳太
入社日:2012年4月入社
趣味:ダーツ
職種:テストエンジニア
主な業務内容:業務システム・WEBシステム・スマートフォンの品質評価業務
Interview Staff
関 茉莉子
入社日:2012年1月入社
趣味:サウナ(サウナ後の水風呂に入った時の爽快感が好き)
職種:テストエンジニア
主な業務内容:業務システム・WEBシステム・スマートフォンの品質評価業務
本中 佳太
入社日:2012年4月入社
趣味:ダーツ
職種:テストエンジニア
主な業務内容:業務システム・WEBシステム・スマートフォンの品質評価業務
記事をシェアする
入社までの経緯~テストエンジニアとして~
――― これまでのご経歴を教えてください!
本中 佳太 イーゼにテストエンジニアとして入社し、7年くらいになります。
SESとしてやらせてもらっていますが、私はずっと同じ常駐先でやらせていただいてます。最初はテスト設計というところから始めていたのですが、そこで経験を積ませてもらい、テスト分析であったり、管理者として作業させてもらうくらいまでになりました。
――― イーゼには転職で来られたのですか?
本中 佳太 はい、そうです。前職もテストエンジニアとしてやっていました。
ただ、今はウェブシステム系でのテストが多いんですけど、前職では携帯電話やテレビだったりの電子機器系のテストをしていました。専門学校を出て1社目が前職で、イーゼが2社目になります。
――― 専門を出てテストエンジニアとして働こうと思ったきっかけや理由があったんですか?
本中 佳太 いえ、特にはなくて、最初は開発志望だったんですが、とりあえず下地としてテストエンジニアで経験を積んでいって、ゆくゆくは開発ができたらいいな、と思い前職に就職しました。一応1年くらい開発をやらせてもらったことはあるのですが、テストエンジニアとして働くのが面白くなってきていて、その1年間の後はずっとテストエンジニアとして働いています。
――― どんなところに面白さを感じたか教えてください。
本中 佳太 最初は作る方に興味があったのですが、テストエンジニアをしていく上で、ものをつくるためにはテストをすることがとても重要なんだなと段々感じるようになりました。
ものはつくれるにはつくれますが、テストをして問題がなければ初めて世の中に出せるので、テストというのは開発工程の中で重要なところだなと思ったことがきっかけです。
最初はテスト実施をしていただけなのでそういうところにしか目が行かなかったのですが、テスト設計をしたり、テストの管理を任されるようになってから、より重要さや面白さを感じるようになりました。

――― 関さんのご経歴を教えてください。
関 茉莉子 私は2010年に大学を卒業し、新卒で卸業の会社の事務として入社しました。
そこは1年経たずに辞めて、その後は派遣として働いていたのですが、その派遣先がテストのプロジェクトでした。そこでリーダーをしていたのが代表の石井で、本中もそのプロジェクトにいたことがきっかけでイーゼに入社しました。
本中 佳太 2人がイーゼに入った理由として大きいのはやっぱり社長がキーになってますね。
――― 関さんはどういったところにテストエンジニアに魅力を感じますか?
関 茉莉子 良いものでもテストをして品質の担保がないと世に出せないこと、工程として最後のほうにはなりますが頼りにされることが現場にあるので、そういったところがやっていて楽しいです。また、実際に世に出たものがテレビCMで流れたりするのを皆で見たときに、開発に関われて良かったなと思えますね。
――― 前職と比べてイーゼで働くやりがいや、職場環境の違いで思ったことがあれば教えてください!
本中 佳太 まず、イーゼは案件の幅が広いですね。前職では「こういう案件があるからあなたはそこに行って」といった感じでしたが、イーゼでは「こういう案件もあるけど、あなたが行きたい案件はこの中にありますか」といった感じに自分のやりたい案件を選択できるということがメリットとしてあります。
そうなると「やらされる」ではなく自分から好きなものを選んでやれるという意識で取り組めるのが良いですね。
現在は常駐先が同じ会社なので案件自体を選ぶことはあまりないですが、ステップアップとして最初はテスト設計中心の案件を下積みとしてやって、ここ最近は案件自体の管理をやらせてほしいと常駐先の方と話をして今に至っています。

あとは、自社サービスがあるので、常駐の業務では学べないテスト業務があることですね。テストも全部イチから全行程を自分たちでやるので常駐先では携われないことも経験できます。
二人にとってテストエンジニアとは
――― どんな人ならここで働くテストエンジニアに合うと思いますか?
本中 佳太 ノートを細かく見る人が合ってるかなと思います。わかりやすく言うとこまめであるとか、そういう人ですね。
――― それはなぜでしょうか?
本中 佳太 テストをするには、どういうところをテストしたらいいのかを結構追求しないといけなくて、そこでいかに物事を細かく見て、ここもテストしないといけないとか気付けるところが大事になってくるので、こまめな人が合うかなと思います。
関 茉莉子 イーゼでは後輩など新入社員への説明やフォロー等を徹底しているので、途中から入ってきた人でもウチの流れについていけるようしっかり人に伝えられる人も合うと思います。
本中 佳太 そうですね、資料作りが上手い人、とか。
私たちは開発工程の最後の砦なので(笑)そういうところは結構大事に思っています。
違う話になるかもしれないですが、ただテストしてOKとかじゃなくて、最近は機能の仕様に関してもつつくという風に上流工程から不具合を無くすこともするので、資料を見てそこから不具合を見つけ出せるようなことも大事になってきます。
――― では、どんな考えを持っている人だったら一緒に働きたいなぁと思いますか?
本中 佳太 私と競争できる人と一緒に働きたいですね。管理者としてもやらせてもらっているんですけど、自分自身のスキルは、まだできないテストもあるので、そういった部分で知識を持っている人とか。また管理の面でも私はまだ経験が浅いので、その面で長けている人とか。そんな人と一緒に働きながら切磋琢磨して自分もスキルを高めていける、という人がいいですね。
個人的にもどんどん上流のことをやっていってることもあるので、そんなことを意識しながら取り組んでいます。自分にやれないテストはないって言えるくらいになりたいですね(笑)
関 茉莉子 私は、新しい技術を知っている、興味のある人に会いたいなと思います。
今の常駐先が3年くらい同じところにいて結構最新情報に疎いところがあるので、他の会社ではこういうことをやっている、こんな解決策もあるということを取り入れられるといいなと思っています。テストの技法というよりかは、プロジェクトの進め方などに今は興味を持っています。
イーゼの社風と風土
――― イーゼの社内の雰囲気や今の社員についてどう感じますか?
本中 佳太 一人一人の持っている技術スキルが高いことと、イーゼは開発メンバーが主体なので、使用言語なども幅広いと思います。
関 茉莉子 もちろん常駐先にいることが多いんですが、イーゼでは歓迎会だったりで年に数回全員が集まるのでそういう場で会うことはあるので、『帰ってきたぁ!』みたいな感じは強いですね(笑)
本中 佳太 そうですね。普段会うことが少ないからといって仲が悪いということはないですからね(笑)
関 茉莉子 困っていることなんかを相談しやすい雰囲気はあります。社員旅行などもあるので、親睦を深める機会はありますね。今まで女性社員が全然いなくて社員旅行でも寂しかったんですけど、今年は女性社員も増えてきていて、だんだん会社の行事に行くことも楽しみになってきています!
――― 営業とエンジニアの関係性はどうでしょうか?
本中 佳太 そうですね。冒頭でも少し触れましたが、やっぱり案件を自由に選べるっていうところで営業の方が頑張ってくれていることは大きいですね。私たちテストエンジニアは一緒に常駐先にいるのであまり関係ないところではあるんですけど、特に開発はまず最初に希望を聞いて、営業がそれにあった案件を探して幅広く持ってきてくれています。
「君!この案件行ってきて!」みたいなのがSESの会社はほとんどかと思いますが、やっぱり案件を選べたり、エンジニア主体で動ければ自身も成長したいところで成長していけるのがエンジニアとしては一番じゃないですかね。
――― そういうところで働きやすい環境であるということですね!?
本中 佳太 そうですね。エンジニアファーストで働きやすいですよ!
関 茉莉子 テストエンジニアとして経験が浅い内は最初からどこかの案件に放り出されるようなことはなく、ベテランの方と一緒に入れるような案件をうまく探してもらえます。不安な部分をなるべく取り除くようにしてもらえたので今までやってこれましたね!
本中 佳太 SESって1人で出るようなイメージがあるんですけど、未経験やまだ経験の浅い人は必ず先輩がいる案件に一緒に行ってサポートしてもらったりしているので、そういった教育面でも体制は整えています。
――― では最後に求職者へのメッセージをお願いします!
本中 佳太 テストエンジニアは開発の後工程だから敷居の低い作業だとか思われがちな部分もありますが、現在ではテストを一括りにした事業も立ち上がっており、魅力が出てきてる分野になってきています!
テストエンジニアってどうなんだろうって興味を持っていただける人も歓迎してるので、テストエンジニアの魅力を感じられる人だったら積極的に来てもらいたいなと思います。
関 茉莉子 色々なお客様のところに行くことがあるので定期的に気分も変えられていろんな経験ができます!そういうことが好きな人には良いかなと思いますよ。
例えば都内のどこかで働くという以外にも、出張で北海道の企業に行くとか、工場へ出向いてテストをするなど、普段見れないような場所を見ることもできるので、そういったところもまた貴重な経験として活きるので面白いです。
また、イーゼは年齢層も広く様々な経験を持ってる社員が多いので、いろんなことを吸収出来て楽しいですよ!
記事をシェアする
ECサイトを見て「あんなことがしたい」、「こんなことができれば」というイメージからイーゼが誕生しました。 Eコマースをオプティマイズする事から”イーゼ”と命名。 EC系の業務を進めるうち、次第に、お客様から「こんな仕事できない?」と相談を受けるようなりました。 今では、お取引先様に常駐してシステムを作る仕事も増え、多くのエンジニア様と関わる機会が増えています。 自社の仕事であれ、お客様先での仕事であれ、相手の目線・周囲との調和・より価値の高い仕事をするという点には常に心がけています。 最高のモノづくりを通じて、達成感・満足感・感謝を得る。 日本で一番使い易い・判り易い...
この企業が公開している求人